浮気相手がストーカーになる恐怖!自分を守る最善の方法は?

浮気相手がストーカー、恐怖しかありません。
女の怨念とまさに呼ぶべきものが、まさか自分に起こるなんて考えても見なかったんではないですか?

[cap url=https://www.photo-ac.com/main/detail/491132]

受けているストーカー行為は?

もともと浮気相手だった女からのストーカー行為、なかなか人に相談しにくいというのが本音でしょう。

しかし、ストーカー行為は犯罪。
あなたに浮気相手の女が付き纏ったりすれば既にストーカー行為です。

  • いたずら電話
  • 執拗なメール
  • 異常な付き纏い
  • 盗聴や盗撮
  • 待ち伏せ行為

他にも個人差はありますが初めの多くは程度の軽い行為が見られます。

妻にばれずに解決したい

ストーカー行為が怖いとはいえ、一番怖いのは浮気が嫁バレすること。
ならば勘違い女があなたに付き纏っているということにして対策を取るべきです。

ストーカー行為としての証拠を押さえて、警察へ被害届をだせば解決。
どんなに浮気相手が説明しようとも、あなたの身は守られます。
そして浮気相手ではなく単に危ない迷惑女として奥さんも考えるでしょう。

ただし本気で身の危険を感じるほどの危ない行為をされる場合には、自分だけで対策するのは危険。
専門家へ相談し、確実に証拠を抑えるようにしましょう。

自分で出来るストーカー対策

ストーカーの証拠を掴むためには、直ぐに自分で出来る簡単な防犯対策をとりましょう。

1、防犯カメラをつける

電気工事が不要な高機能の防犯カメラなら自分ですぐ付けられます。

個人的には、外出先からスマホでカメラ操作できるタイプ推し。

[cap url=https://item.rakuten.co.jp/fairy-angel/sec-s-wr-19l-720p-2n/]

無線防犯カメラ2台
45,800円(税込)

本格的なカメラですが電気工事の必要が無いタイプなので、購入した日から直ぐに使えます。

カメラはダミーでとりあえず様子をみたいならコレ。

[cap url=https://item.rakuten.co.jp/aichi12/10004694/]

屋外用ダミーカメラRI-DCS01
1,207円(税込)

太陽の光で発電する室外タイプ。
金額は安いですが、ぱっと見ただけでは本物と変わりません。

2、防犯ステッカーで自宅警備のアピールを

[cap url=https://item.rakuten.co.jp/sky-group/st-002/]

防犯シール防犯ステッカー
998円(税込)

単純な方法ですが、最も費用が掛からずに直ぐに出来るのが防犯ステッカー。

ストーカーする側は、自分のやっている事の限度がおかしくなっています。
家の中への侵入を防げる保障まで無いですが、良く見える場所に貼ることで抑止力の期待できます。

3、盗聴発見機器を購入する

執着の強い女の場合、すでに盗聴・盗撮カメラが仕掛けられていることが考えられます。
盗聴発見機器を上手く使えば自分で発見することが出来ます。

[cap url=https://item.rakuten.co.jp/kumaneko/m494/]

盗聴・盗撮カメラ発見器
7,595円(税込)

このタイプは比較的広範囲を調査できます。周波数も広いので、隠し場所の特定も可能。

簡易式の安いものでいいならコレ。

[cap url=https://item.rakuten.co.jp/arkham/ark0001050/]
盗聴器盗撮器発見器クロスガードCG-1BL
3,200円(税込)

キーホルダー形式で持ち歩いていても違和感のないデザインとコンパクトさ。
簡易式のため、隠してある場所の50CM程度までは特定が出来ます。
反応しない盗聴器・盗撮器もありますが、
ひとまずの安心感を得ることが可能。

4、直接の被害に備える防犯ブザー

ストーカー行為をしている女が付き纏いをする場合、対象人物が広がることがあります
特に注意したいのは子供。
防犯ブザーを持っている人も増えましたが、防水タイプで使いやすいものを準備しましょう。

[cap url=https://item.rakuten.co.jp/arkham/ark0022360/]

防犯ブザー かわいい警報ブザー
1,080円(税込)

ストーカー行為をしてくるのが女の場合、どうしても油断しがちになります。
雰囲気も男性とは違い優しい笑顔で誤魔化されることも。
子供には知らない人に十分気をつけるように伝えてきましょう。

素人の証拠集めには限界がある

とりあえず自分で出来るストーカーの証拠を抑える対策を取っても、実はかなり不安があります。
上手く相手の顔が移っていなかったり、本人と限定できる行動と探偵できなかったり。

自分でする対策とプロに依頼する対策の違いを知ってください。

プロのストーカー対策

今回ここでいうプロとは、盗聴機器類の発見などでよくメディアに出ている探偵事務所と、ホームセキュリティーを扱っている警備会社。

1、ストーカー相手と現場の証拠を確保

一番期待できるのは相手の女がストーカー行為をしているという明確な証拠を掴めること
実名と証拠をもって警察に被害届を出すだけで相手の女はおしまいです。
職場にも家族にもストーカーをした事実が知れた後は、転職や引越しをせざるを得なくなり、結果としてあなたの前に二度と現れることができなくなるでしょう。

2、盗聴器や盗撮カメラを必ず見つける

通販で販売があっている発見器は簡易式です。
最近では巧妙な盗聴器が多く、発見機器との追いかけごっこ状態です。
市販の盗聴発見器で反応しない商品もあるのが実情で、範囲を特定するどころか反応さえしない場合もあるんです。

そんな場合でも、専門の調査機器を使って徹底的に盗聴器を発見してくれるのがプロ。
盗聴器については専門家に依頼することが確実な発見に繋がります。

[cap url=http://www.ivservice.co.jp/onayami_08/]

>盗聴・盗撮発見調査アイヴィ・サービス

3、漏れの無いホームセキュリティー

警備会社の一番頼れるのがホームセキュリティーシステム。
高機能のカメラ、異常があった際の駆けつけ、録画記録など万全の対策がとれます。
女が家の周りをウロウロしている姿を、ばっちり抑えましょう。
取れた画像はそのまま警察へ証拠として提出可能です。

4、GPSで子供の安全を確認

警備会社によっては携帯式の警報ブザーを1000円以下/月で貸し出すところもあります。
子供が今どこに居るのかだけでなく、応答に子供が応えない場合には警備員が駆けつけてくれます。

このように個人で出来る対策とプロに依頼する対策は、安全性や確実性が大きく異なります。

でも実際相談するとなると、費用や内容も比較して決めたい!
やっぱりプロに相談したい場合には、警備会社の資料をまとめて取り寄せるサービスを利用するとスムーズです。

大手警備会社の資料をまとめて取寄せ>

至急プロに依頼すべき状況

浮気相手のストーカー行為1「盗聴」

よく聞かれるのは、浮気相手が自分の行動予定や家族間の話を知っているというもの。
よくメディアで盗聴器調査をしている用に、身近に盗聴器は溢れています
しかも簡単に購入できて高品質なものになっています。

<実際にあった話>

  • 浮気相手から「今度の墓参りは一緒にいきたい」と家族間でしか話していないことについてLINEがきた。
  • いつの間にか休日の外出先に偶然を装って現れる。

別れて初めて浮気相手の執念深さに気付く男性は多いです。
盗聴器が知らない間に取り付けられていた、バッグの隙間に入れられていたなど、本当にぞっとします。

浮気相手のストーカー行為2「身内への接触」

[cap url=https://www.photo-ac.com/main/detail/359696]

身内が直接的に浮気相手と合うことはほとんど無いと思っていませんか?
ところが陰湿な嫌がらせの一つとして、あなたの身内の前に突然現れることがあります。

<実際にあった話>

  • 子供に接触し「お父さんは私が好きなのよ」と暴露する
  • 実家に行き責任を取れと親に迫る

このように関係の無い第三者=復讐の対象となりやすい存在への接触行為があった場合は非常に危険です。
正常な判断が出来なくなる可能性が疑われます。

浮気相手のストーカー行為3「嫌がらせの電話」

[cap url=https://www.photo-ac.com/main/detail/548756]

自宅への無言電話が続くような場合、大抵は浮気相手の女性の可能性が高いのです。

今まで奥さんにばれない様に過ごしてきたのに、あなたから別れを告げられたことで「自分の存在」を示したくなるのです。

<実際にあった話>

  • 非通知番号での嫌がらせ無言電話
  • 妻が一人の時間帯に集中する

対応策としては、「ナンバーリクエスト設定」や「迷惑電話お断りサービス設定」があります。
しかし相手もそれくらいは知っているはず。
一旦撃退できたとしても、一時的な防衛でしかないでしょう。
電話が駄目な場合には、直接自宅の周りに現れることもあります。

このような場合には、ホームセキュリティーなどでエスカレートを未然に防ぐようにすべきです。

大手警備会社の資料をまとめて取寄!無料登録>

浮気相手のストーカー行為4「誹謗中傷」

[cap url=https://www.photo-ac.com/main/detail/736823]

浮気相手から会社へあらぬ悪評を流されたといった被害にあう場合もあります。

<実際にあった話>

  • 妻の会社宛に浮気相手から手紙が送られてきた
  • 自分の会社のメールに浮気した内容を書き込まれた

妻の会社に、気味の悪い手紙が送られてくるようになった人がいます。
内容は「卑怯者」という文字を切り抜いただけのもの。
何回か続くうちに、奥さんの方が精神的に参ってしまって鬱に。

直接的に、男性の会社へ直接メールで暴露した女性も。
法的には名誉毀損に当たる場合もありますが公然性がどこまで認められるか、証拠があるかなどといった点も、問題を大きくしてしまいます。
なるべく事を大きくせずに解決したいと考えるのは当然です。

[cap url=https://www.pakutaso.com/20170624167post-12106.html]

大切なのは「ストーカー行為でこちらは迷惑している。」とはっきりとした態度を示すことです。

盗聴器やGPSでの追跡を発見は、弁護士と繋がりの深い探偵事務所や警備会社が得意分野。
また、身内(とくに子供)への影響が心配な場合にも警備会社への相談がベスト。
しっかりと証拠をおさえましょう。

警備会社を比較できるズバットホームセキュリティー

自宅に警備を入れたり、子供に専用の防犯装置を持たせるとお金がすごく掛かると思いますよね。

そんな場合には、ホームセキュリティーが一括比較できるサイトを利用するのがBEST。

《 ズバットホームセキュリティ比較 》

[cap url=https://www.zba.jp/home-security/promo/landing/]

全国に展開している大手の警備会社を比較できる「ズバットホームセキュリティ比較」は無料で一括請求できるので、気になる予算面も安心です。

資料請求は、必要な最低限の情報を入力して無料登録するだけ。
1分もあれば簡単に手続きができます。

数日後には詳しい資料が届くので時間が無い人には特におススメです。

[cap url=https://www.zba.jp/home-security/step/step1.html]

登録画面は ↑ こんな感じです。

警備会社の実際の使用感

[cap url=https://www.photo-ac.com/main/detail/868883]

私も個人的に登録して使ってみたことがありますが、特別しつこい勧誘もありませんでした。

比較した結果、思ったより金額も高くなかったので某警備会社に実家と親戚の家に
ホームセキュリティーをつけることに。

《 ズバットホームセキュリティ比較 》

警備会社は何か無いと動かないと思っていたら、定期的に訪問してくれるし声掛けしたりしてくれるので変な営業まで無くなって効果抜群でした!

警備会社の高度なシステムで被害を防ぐ

もちろん警備会社では家庭内や車に仕掛けられた盗聴器を発見することが出来るところもあります。

[cap url=https://www.secom.co.jp/anshinnavi/column/backnumber13.html]

警備会社では年々盗聴や盗撮の相談が増えているようです。
SECOMの調査では13%の人が不安を感じ対策を心配しています。

厄介なところは、盗聴だけでは犯罪にならないこと
住居侵入罪やストーカー行為、第三者への漏洩があって初めて罪に問われるんです。
つまり、何もなければ警察は動かないということ。
自分の身は自分で守るしかないんです。

大手警備会社の資料をまとめてお取り寄せ>

浮気相手のストーカー度合いは?

嫁バレして、浮気相手の女性を別れて清算しようと焦っているなら十分気をつけなくてはならない大事なこと。
それは浮気相手の暴走=ストーカー行為です。

浮気した女の方が、立場上妻より弱いと思って安心していませんか?
そう思っているのなら、女という生き物の理解不足。

自分のものになっていたハズの男を「サッと奪っていった奥さんにくい!」「自分を捨てた男の家庭なんて壊してやる!」とドロドロとした思いを抱いています。

[cap url=https://pixabay.com/ja/%E6%84%9B-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B8-%E5%96%AA-%E6%86%8E%E6%82%AA-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%9C%E3%83%B3%E7%8E%89-%E6%9C%A8-%E5%A3%8A%E3%82%8C%E3%81%9F-%E8%99%B9-2055960/]

浮気相手がどのくらいストーカー性格が強いのかチェックしてみてください。

<浮気相手のストーカー性格診断>

  • あなたの趣味にあわせていた
  • あなたのことを常に考えていた
  • 女性の友達の話を聞いたことがない
  • 女性が家族の話をしたことがない
  • 束縛を感じたりすることがあった
  • 勝手に将来の話をすることがあった
  • 自分がもてると自信を持っていた
  • 八方美人な面がある
  • 排他的な考えを持っていた
  • ブランド品や外見にこだわりを持っていた
  • 他の女性と話すことに強いヤキモチを焼いていた
  • 人の悪口を言う
  • 内容の無いメールが頻繁に来ていた
  • あなたのSNSを良く見ていた
  • 悲劇のヒロインぶるところがあった
  • 会話が成り立たず思い込む時があった

あなたの浮気相手にいくつ当てはまりましたか?
もし当てはまる項目が多いようであればストーカー行為がエスカレートしていく可能性があります。

ストーカーになりやすい女の性格としてまとめると、

  1. 思い込みが激しい
  2. 自分に自信が持てない
  3. 疑い深く詮索癖がある

この3点。
嫁バレして奥さんのことばかりフォローしていると、浮気相手から取り返しの付かない被害を受けることになります。

浮気相手のストーカー行為に立ち向かえ!

[cap url=https://www.photo-ac.com/main/detail/918566]

ストーカー行為が早く収まるには専門家が付いているとアピールすること。

警備の専門家には対抗できないし、法に触れる行為を自分が行っていることを、相手の女に自覚させること重要です。

とにかく浮気をしてしまったあなたは、浮気相手のストーカー行為を早い段階で食い止める責任があります。

浮気が嫁バレした時と同時に起こる恐怖、浮気相手からの執拗な嫌がらせやストーカー行為
対策をしっかり採ることで、今後の人生が変わってくると言っても過言ではありません。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です